交通事故で考えにも影響を及ぼす

感性とは何なのでしょう。
物語、映画やドラマ、本や漫画を読んで感動する心の動き、どれだけ自分がそれで影響を受けるのかで感性が鋭いかどうか、鈍いとか鋭いとかであらわされてしまいます。
これは才能のように、ある程度持って生まれた能力なのでしょうか。
それとも鋭いと言われるくらいですから、じょじょに磨かれていくものなのでしょうか。
環境などで変化していくことはあるでしょうが、やはり生きている過程で影響を受けると思わずにはいられません。
誰かに出会う事や、またはそれこそ交通事故くらいの大きな事件で、あなたの持っている感性は大きく変調を来すはずです。
交通事故も一つの経験、それを受け止めて自分の考えを受け止めましょう。


交通事故で感じ方が変わる

物語そのものの見方が変わります。
命を扱った映画、本の読み取り方に大きな影響を与えるはずです。
どうして自分はあの時命を失わなかったのか。そこに理由はあるのか。そんなことを考えてしまうかもしれません。
そんな結論が出ないことを考えてしまうのもやはり事故があったからこそ。
今後はずっとそんな気持ちを抱えて何事にも応じていかなければならないのです。


今の気持ちを吐き出しておく

そんな鬱屈した気持ちを体に貯めこんでおくと、不健康です。
しっかりと人に相談して会話の中で吐き出す。話すのが難しいなら書いて思いを吐き出すことにしましょう。