交通事故後も人生は続く

交通事故に関する問題は多いでしょう。
事故にあってしまったけど、今後どのように行動すれば良いのか。誰に話せば慰謝料を適切に受け取ることができるのか。だいたい敵綱金額ってなんのか。
お金で問題が解決するとは覆えないが、それでもお金を受け取ってはい、終わりにするしかないのか。確かにお金では整理がつかない問題でしょう。ですが、失った時間。失った能力を補てんするためには、お金を受け取るしかありません。
そのお金で未来を修正していくしか対策はありません。
弁護士と相談して、なるべく多くのお金を請求しましょう。相手に申し訳なく思う気持ちなど必要ないのです。下手に出ることはありません。
事故で苦しんだのは他でもないあなた自身なのですから。


交通事故、その後の生活

交通事故にあったことで、その生活は一変してしまうかもしれません。
以前は普通にできていたあれもこれも、同じようにしようとしても今は全然できない。そんなこともあるでしょう。そしてその低下してしまった生活能力、そして知能指数、以前は普通に考えることのできた計算。すぐに答えが出せた問題にも悩んでしまうこともあるでしょう。
ですがこれは最初だけです。じょじょに能力が戻ってくることもあるでしょうし、十全能力が戻らなかったとしても、その程度能力が下がったとしてもなんだというのか。別の分野でその能力を補えば良いだけの話。
その体にも慣れていくでしょう。その体を、頭を、持っている心全部含めてあなたなのです。
自己肯定してあげましょう。とはいえやはり精神的に辛いこともあるでしょう。そのためにも適切な慰謝料を受け取るのが大切なのです。


それでも人生は続く

事故に合おうが、事故で片腕を無くそうが視力を失おうが、多額の慰謝料を受け取ろうが他にもさまざまな生活の変化があったとしても、それでも何事も無かったかのように人生は続きます。
周囲の人も事故に合った直後こそ心配していろいろ気にかけてくれましたが、その後は前と同じ対応になるでしょう。
そのいきなり起こった変化に戸惑ったあと、周囲のさざ波のように去っていく人たちにも戸惑ってしまうでしょうが、自分でその変化になじんでいくしかないのです。