交通事故にあったことで得られるものは多い

頭を打ってしまうような大事故だった場合。
脳に損傷を受けてしまうことがあるかもしれません。その時は脳の処理能力の低下などを疑う必要があります。
生活を送る能力は損なっていないか。以前の記憶は残っているか。
新しい記憶をきちんと脳に留めておくことはできるか。
そして、あなたの感情をつかさどっているのもまた脳。
脳に損傷を負ってしまったとしたら、あなたの感情の起伏は問題ないか。平板になっていないか。
底に注目したいです。交通事故後の脳の状態。専門医と相談してください。


交通事故後の自分と正しく向き合う

交通事故後の自分。
以前と違う自分としっかり向き合っていかなければなりません。
前はできたこと。今はできないこと。
はじめはショックでしょう。昔と違う自分の様子。しかし完全に前の状態に戻すのは難しいでしょう。
ですが、失った部分を補うかのように、他の部分が発達してくるもの。
以前は見えなかった、感じなかったものが見えてくるかもしれませんし、事故前なら気にならなかった部分を理解できるでしょう。
もしも自分と同じような苦しみを負っている人がいたとしたら、できるだけ力になってあげましょう。


事故前と嗜好が変わってしまうかも

事故が起きる前と比べると趣味嗜好に差が出ていることがあるかもしれません。
以前のような心持ちでは生きられないかも。
それは一度死に直面したことで達観して脳のステージが上がったのか。それとも脳の構造が変わってしまったのか。しかしその頭を抱えてあなたは今後も生きていくのです。