交通事故で考えにも影響を及ぼす

感性とは何なのでしょう。
物語、映画やドラマ、本や漫画を読んで感動する心の動き、どれだけ自分がそれで影響を受けるのかで感性が鋭いかどうか、鈍いとか鋭いとかであらわされてしまいます。
これは才能のように、ある程度持って生まれた能力なのでしょうか。
それとも鋭いと言われるくらいですから、じょじょに磨かれていくものなのでしょうか。
環境などで変化していくことはあるでしょうが、やはり生きている過程で影響を受けると思わずにはいられません。
誰かに出会う事や、またはそれこそ交通事故くらいの大きな事件で、あなたの持っている感性は大きく変調を来すはずです。
交通事故も一つの経験、それを受け止めて自分の考えを受け止めましょう。


交通事故で感じ方が変わる

物語そのものの見方が変わります。
命を扱った映画、本の読み取り方に大きな影響を与えるはずです。
どうして自分はあの時命を失わなかったのか。そこに理由はあるのか。そんなことを考えてしまうかもしれません。
そんな結論が出ないことを考えてしまうのもやはり事故があったからこそ。
今後はずっとそんな気持ちを抱えて何事にも応じていかなければならないのです。


今の気持ちを吐き出しておく

そんな鬱屈した気持ちを体に貯めこんでおくと、不健康です。
しっかりと人に相談して会話の中で吐き出す。話すのが難しいなら書いて思いを吐き出すことにしましょう。

交通事故で苦しむ自分に寄り添ってあげる存在

交通事故にあった後、あなたは無暗に孤独を感じてしまうことがあるでしょう。
それはそうです。以前よりも能力が落ちてしまった状態で生きていくことを強いられるのですから、不安な気持ちになって、それによって一人で生きることからの孤独を感じてしまうかも。
誰か頼れる人に相談して、時には甘えることが必要です。
もし許されるならお酒に頼ることも有効です。
交通事故にあったというのは、もしかしたら人生において一番重要な事件かもしれないのですから。
それだけのことに直面してしまったのです。
一人で生きられないんだなということをもう一度実感してください。


交通事故後色んな人に助けてもらう

交通事故にあってしまった後、あなたはいろんな人に助けてもらうことになります。
単純に医者の力無くして体を治療することはできませんし、リハビリを助けてくれる療法士の助けも不可欠です。
何を欠いてもあなたは今後健康で豊かな生活を送ることはできません。
さらにあなたの事故の後の処理を助けてくれる弁護士。そして実生活をサポートしてくれる家族、友人などの助けを受けなければなりません。
とはいえ、これは今現在も変わらないかもしれませんね。


自分の苦しみを理解してあげられるのは自分だけ

本当に自分が悩んでいることを最後に理解してあげられるのは自分自身だけです。
いくら人に今自分が苦しんでいる内容を、言葉を尽くして説明しても100%それは伝わりません。
本当に重大な苦しみ、それは自分で片づけなくてはならないのです。

交通事故にあったことで得られるものは多い

頭を打ってしまうような大事故だった場合。
脳に損傷を受けてしまうことがあるかもしれません。その時は脳の処理能力の低下などを疑う必要があります。
生活を送る能力は損なっていないか。以前の記憶は残っているか。
新しい記憶をきちんと脳に留めておくことはできるか。
そして、あなたの感情をつかさどっているのもまた脳。
脳に損傷を負ってしまったとしたら、あなたの感情の起伏は問題ないか。平板になっていないか。
底に注目したいです。交通事故後の脳の状態。専門医と相談してください。


交通事故後の自分と正しく向き合う

交通事故後の自分。
以前と違う自分としっかり向き合っていかなければなりません。
前はできたこと。今はできないこと。
はじめはショックでしょう。昔と違う自分の様子。しかし完全に前の状態に戻すのは難しいでしょう。
ですが、失った部分を補うかのように、他の部分が発達してくるもの。
以前は見えなかった、感じなかったものが見えてくるかもしれませんし、事故前なら気にならなかった部分を理解できるでしょう。
もしも自分と同じような苦しみを負っている人がいたとしたら、できるだけ力になってあげましょう。


事故前と嗜好が変わってしまうかも

事故が起きる前と比べると趣味嗜好に差が出ていることがあるかもしれません。
以前のような心持ちでは生きられないかも。
それは一度死に直面したことで達観して脳のステージが上がったのか。それとも脳の構造が変わってしまったのか。しかしその頭を抱えてあなたは今後も生きていくのです。

交通事故でぼろぼろになった心と体で生活を続ける

あなたはいつものように出かけました。
家から二駅離れたバイト先に行こうとしていたのです。
そしてもうすぐあなたの楽しみにしていたイベントがある。他にも会うのが楽しみな人がいる。まだ自分は若い。
あてのない全能感、万能感もあったかもしれません。
よくわからない活力が、そして行き場の無い将来への不安と期待がないまぜになった心身で日々を生きていました。
しかしそんな生活の中で、あなたは車に轢かれることとなりました。
ほとんど相手が悪いです。注意をいくらしていても避けられない事故というものがあり、今回はそうでした。
交通事故には避けられるものとそうでないものがあります。
あなたは悪くなかった。そうじゃないとしても、何も覚えていないのだとしても、そう考えていくのが一番有意義です。


交通事故後の生活を送る

あなたは交通事故に巻き込まれた。しかし命を落とすことはなかった。
それなら、たとえ身体に傷がついてしまったのだとしても、今後も人生は続いていきます。
あなたは今までと変わりなく生活することを求められます。
見たところあなたは事故にあってなお、五体満足のままの様子。
前と比べると感覚が鈍くなったなど不利益があったとしても、あなたはこれからも人とたくさん出会い、人とたくさん会話し、仕事でお金を稼いで、人を好きになったり嫌いになったりしながら日々を過ごす必要があります。


事故の後の処理

事故の被害者がいるということは、加害者がいるということ。
その加害者と話して事故の慰謝料を定めなければなりません。
相手が保険に入っているのなら、主にその相談は相手の保険会社と行うことになります。
この話し合い如何であなたが受け取るお金は大きく変わります。
弁護士などと相談しながらこの話し合いを進めていくことをおすすめしています。